土地がなくても大丈夫な相模原市の葬儀後の納骨手段

相模原市など都心に近い場所で、土地がなくても葬儀後に納骨する手段として、海洋散布・陸地散骨・永代供養という方法があります。「子供や孫に迷惑をかけたくない」とお思いの方や、子供がおらず墓の継承者がいない方など、多くの方に支援されているのが永代供養です。永代供養とは、霊園や寺院などがご家族や子孫に代り、ご遺骨を管理・供養することです。海洋散布とは、火葬した後の焼骨を海洋上に散布することをいいます。死後は自然に帰りたい、大好きだった海にねむりたい、といった個人の意思や様々な事情でお墓に入れなかったり、お墓を持つことができないという悩みをお持ちの方に最適な方法です。陸地散骨は、住民や土地の所有者とのトラブルになる可能性が高いので現在ではほとんど行われていません。山は所有者の了解があれば可能ですが、山林は許可がないと散骨できません。

散骨をするにあたって、法律や規則

散骨は、節度ある範囲内なら法的に問題はないのですが、日本における遺体の埋葬に関する事柄で「墓地埋葬等に関する法律」の項目に記載があります。この法律では、自宅の庭などの墓地ではない場所への「遺体の埋葬」を禁止していますが、「散骨」を禁止する規定はありません。一部の地域の条例を除いては法規制の対象外に指定されるほどです。故人が亡くなるとお墓に埋葬するのが当たり前のように考えられていますが、日本人は古来より、亡骸を火葬し、山や海に撒いて自然に還す、という考え方が一般的でした。現在のスタイルは明治以降に広まった方法であり、ひとつのお墓に家族が入るという風習はまだ新しい習慣です。現代では、お墓に入るという固定観念から解放され、本来人間が生まれた場所である「自然」に還りたいと考える方が多くなりました。相模原市で葬儀を終えた後、愛知県や三重県、沖縄県の沖合で散骨するのも最近のトレンドです。

海洋散骨をするにあたっての留意点

海洋散骨をするにあたっての留意点がいくつかあります。まず、海洋散骨のメリットとしては墓石・土地が不要なのでお墓に比べて費用が掛かりません。土地が高い相模原市では墓地を探すのも一苦労です。なお後継者問題に煩わされる事もなく、自然に還りたいという故人の生前の希望が叶えられます。デメリットはご遺骨がありませんので、気が変わって後でお墓を建てようにも中身がありません。デメリットへの家族や親せきの理解が必要です。海洋散骨プランは相模原市の葬儀場でもいくつかあります。港から船をだし、粉骨処理して海に散骨します。海洋といってもどこでしても良いわけではなく、遠く離れた外洋で散骨が認められているのです。岸から離れていても、養殖場や漁業場の近くでは避けなければいけません。沼や湖、河川や滝などは生活水源のため、散骨することはできません。